ある日突然、自死遺族になって。

2016年10月に息子を自死で亡くしました。過労自死でした。

過労死って人災ですよね?

今日も息子の遺影にお線香をあげなから

考える。なんで息子だったんだろう?


今までニュースで過労死や過労自死の報道を見るたびに、今まで一生懸命に育てた親御さんは、どんな気持ちなんだろう?


いろいろな想い出や、これからの夢や希望を理不尽に突然もぎ取られてゆく気持ち。


家族の方は立ち直っていけるものなのだろうか?と、ずっと自分なりに考えていた。


まさか、同じことが自分の身に降りかかるまでは・・・


息子は真面目で、黙々と仕事をこなす地味な存在だった。とくに出世を望む野心などもなく、人と競争したり争うことも望まない誠実な優しい子だった。


それなのに、過労自死という最悪の事態を迎えてしまった。


どうして、そんなことに巻き込まれてしまったのか?とてもではないが、納得なんてできるはずがない。


単に会社と上司との人運が悪かったと思っている。本人が仕事で追い詰められても、見て見ぬふりする会社と、最終的にパワハラの心ない言葉で傷つけ、追い詰めて死に至らしめてしまった労務管理もできない無能な上司。


これは、立派な殺人だと思っています。


家族の癒しになるような優しい息子で、普通に働いていたのに、突然このような状況に追い込まれる危険は誰にでも起こり得るということを痛いほど実感しました。


皆さんは十分にご承知かと思いますが、もし周りに仕事で悩まれてる方がいらっしゃったら、「せっかく入った会社なんだから、もう

少し頑張ってみたら?」とは、絶対にいわないで下さい。


命だけは失ってしまったら、とり戻すことが絶対に不可能なのですから。


どんなに後悔したとしても・・・

辛かったんだよね?

今日は、労災申請の資料を作るために、息子のアパートを引き揚げるときに、訪ねてきてくれた同僚の人たちとの会話を録音したものを文章に起こすため、何度も何度も繰り返して聴いた。


それを聴くと、改めて息子の置かれていた辛い立場が身につまされた。


そんな状況なのに、休みもせず残業を続けていたんだ。頑張っても頑張っても上司に責められて、最後はどうしていいか分からないほど悩んで、周りから見ても疲れはてていたらしい。


なんで、そんなに頑張ってしまったんだろう?なんで、早く逃げてしまわなかったんだろう?なんで?どうして?


今さら考えても仕方のない、そんな思いばかり浮かんでくる。


逃げ出すことさえ思いつかなくなって、自ら死を選んでしまった息子が不憫でならない。


でも、そんなことを考えながら、もしかして何処かでいきているかも?という思いも捨てきれない・・・本当に未練がましい母親だと自分でも呆れてしまう。


だけど、その未練が断ち切れないから、こうやって何とか生きていけてるのかも。

分骨って・・・

私は現在、主人と別居している。

次男が東京で就職して半年くらい経ったころだった。次男に相談したときも「お母さんの人生だから、好きにしたほうがいいよ。」と賛成してくれた。


その後で体調を壊して帰ってきた長男は、父親と折り合いが悪く、結局私と一緒に暮らしている。


亡くなった次男のお骨のことで、多少主人ともめた。本当なら私がお骨を全てもらいたかったが、主人が認める訳もなく、息子にしても生まれ育った実家なので、分骨ということで、何とか主人も承諾した。


と言っても、もらえたのは全部の遺骨の三分の一くらい。これも、かなり不満だけど。


先祖代々の墓はあるが、場所は遠いし、あんな暗いところに大切な息子をひとりで置けるはずがない。


「分骨」というと聞こえは良いが、正直亡くなったあとの遺体を親の都合で2つに割いてるようで、本当に息子には申し訳ないと思っている。


でも、遺骨が手元にあるのは、本当に私の心の支えになっている。(完全に母親のエゴで自己満足なのは十分承知しているのだけど。


「おはよう」

「いってきます」

「ただいま」

「おやすみなさい」


これが言えるだけで、心が落ち着く。


これまで何人も身内を看取ってきたけど、

息子の場合は、世間の常識もルールも全て無視してしまう、自分勝手な母親です。