ある日突然、自死遺族になって。

2016年10月に息子を自死で亡くしました。過労自死でした。

4回目の月命日

2月11日が次男の4回目の月命日だ。


実際に亡くなったのは、推定午後8時ごろだと聞いているので、正確には4か月前のこの時刻には、まだ生きていたんだ。


タイムスリップできるなら、4か月前の今に戻って、なにがなんでも会社に行かせない。

即刻、会社は辞めさせる。ケンカになってもいい。「あの会社には、もう行っちゃ駄目なんや!」と。


でも、それも虚しく叶わないまま、今夜午後8時は必ずやってくる。


仕事から帰ってきて、まず何をしたのだろう。職場からのパワハラを心に引きずったまま、何を考えて自死に及んでしまったのだろう?


その時の息子の気持ちや精神状態に、ひたすら思いを馳せようと一生懸命に、思い描いて見るのだけど、なぜか息子の顔だけが思い浮かばない。


私の心が悲しすぎて、想像でしかない、その瞬間さえも拒否しているのか?


ただ自死を実行して、翌朝会社の人に社宅の自室で発見されるまで、約14時間くらぃ・・縊死でロープをロフトの2階部分から

吊り下げられたままなんて、悲しすぎる。



あんなに優しくて真面目で誠実だった息子が、こんな最期を迎えてしまったのか?


もし、ちょっとだけでも何かのタイミングがずれていたら、死から免れていたかもしれない。


だから4か月前の今夜の退社前に息子に対してパワハラを行った上司と会社を絶対に許しません。


あなたたちからみれば、日常茶飯事のパワハラでも、言われた方は、この先どうしたらいいのか?と考える思考能力さえ奪ってしまって心神喪失状態であったと思われます。


同じような立場のかたいらっしゃいませんか?


もし、過労死かもと思われているかたがいらっしゃったら、泣き寝入りはせずに、必ず誰かに相談しましょう。


とにかく死んだらダメです。周りの方の気持ちも傷つけてしまい。また、悲しむ家族を殖やしてしまいます。


もう、これ以上無理と思ったら、会社は

休んで安全な道で突然座り込んで、救急車を呼んでもらって、病院に運ばれちゃってください。そこで、とにかくひたすら眠る。

そして心療内科の先生にひたすら話を聞いてもらう。


自分はまだまだ頑張れると思っているかたも


以外にゴールは近いかも。


心の叫びは誰にでも伝えちゃいましょう。

そのことで、家族もきっと理解してくれます。


とにかく親からもらった命は大切に!‼