ある日突然、自死遺族になって。

2016年10月に息子を自死で亡くしました。過労自死でした。

分骨って・・・

私は現在、主人と別居している。

次男が東京で就職して半年くらい経ったころだった。次男に相談したときも「お母さんの人生だから、好きにしたほうがいいよ。」と賛成してくれた。


その後で体調を壊して帰ってきた長男は、父親と折り合いが悪く、結局私と一緒に暮らしている。


亡くなった次男のお骨のことで、多少主人ともめた。本当なら私がお骨を全てもらいたかったが、主人が認める訳もなく、息子にしても生まれ育った実家なので、分骨ということで、何とか主人も承諾した。


と言っても、もらえたのは全部の遺骨の三分の一くらい。これも、かなり不満だけど。


先祖代々の墓はあるが、場所は遠いし、あんな暗いところに大切な息子をひとりで置けるはずがない。


「分骨」というと聞こえは良いが、正直亡くなったあとの遺体を親の都合で2つに割いてるようで、本当に息子には申し訳ないと思っている。


でも、遺骨が手元にあるのは、本当に私の心の支えになっている。(完全に母親のエゴで自己満足なのは十分承知しているのだけど。


「おはよう」

「いってきます」

「ただいま」

「おやすみなさい」


これが言えるだけで、心が落ち着く。


これまで何人も身内を看取ってきたけど、

息子の場合は、世間の常識もルールも全て無視してしまう、自分勝手な母親です。