ある日突然、自死遺族になって。

2016年10月に息子を自死で亡くしました。過労自死でした。

過労死って人災ですよね?

今日も息子の遺影にお線香をあげなから

考える。なんで息子だったんだろう?


今までニュースで過労死や過労自死の報道を見るたびに、今まで一生懸命に育てた親御さんは、どんな気持ちなんだろう?


いろいろな想い出や、これからの夢や希望を理不尽に突然もぎ取られてゆく気持ち。


家族の方は立ち直っていけるものなのだろうか?と、ずっと自分なりに考えていた。


まさか、同じことが自分の身に降りかかるまでは・・・


息子は真面目で、黙々と仕事をこなす地味な存在だった。とくに出世を望む野心などもなく、人と競争したり争うことも望まない誠実な優しい子だった。


それなのに、過労自死という最悪の事態を迎えてしまった。


どうして、そんなことに巻き込まれてしまったのか?とてもではないが、納得なんてできるはずがない。


単に会社と上司との人運が悪かったと思っている。本人が仕事で追い詰められても、見て見ぬふりする会社と、最終的にパワハラの心ない言葉で傷つけ、追い詰めて死に至らしめてしまった労務管理もできない無能な上司。


これは、立派な殺人だと思っています。


家族の癒しになるような優しい息子で、普通に働いていたのに、突然このような状況に追い込まれる危険は誰にでも起こり得るということを痛いほど実感しました。


皆さんは十分にご承知かと思いますが、もし周りに仕事で悩まれてる方がいらっしゃったら、「せっかく入った会社なんだから、もう

少し頑張ってみたら?」とは、絶対にいわないで下さい。


命だけは失ってしまったら、とり戻すことが絶対に不可能なのですから。


どんなに後悔したとしても・・・