ある日突然、自死遺族になって。

2016年10月に息子を自死で亡くしました。過労自死でした。

なんで、一人で逝ってしまったの?

最近、あまり家からも出ずに、息子の遺影と向かい合う時間が長くなってきた。


とくに何かを話し掛ける訳でもない。


できるだけ泣かずにおこうと思うけど、

やっぱり所詮無理な話。


今日も過労死の本を読んでいたら、「過労自死に限らず、自死の場合は、家族や愛する人たちからも看取られず孤独死になってしまう・・」とあった。


言われなくても、わかっていることなのだけど、何度も読み返して、その度に涙があふれてきて止まらない。


みんな真面目で優しくて誠実で、家族から愛され、家族を愛して生きてきた人たちなのに、何故一人きりで寂しい最期を迎えなければならなかったのか?


それが、なぜ愛しい私の息子でなければならなかったのか?


どう考えても悔しい・・・


口惜しい、無念な気持ちしか自分の中に

存在しなくなっている。


こんな気持ちで毎日生きていくのは、

いつまで続くのか?

きっと堪えられない日がやってくる。