ある日突然、自死遺族になって。

2016年10月に息子を自死で亡くしました。過労自死でした。

なんで、いないんだろう?

最近は毎晩、息子の遺影と向かい合って、

何時間も過ごすことが多くなった。


何を話しかけるでもなく、ただお線香をあげながら、遺影をじっと見ているだけ。


でも、目の前にあるのが、どうして写真とお骨だけなのか、未だに理解できない。


あれだけ可愛くて大好きだった息子本人が、もう、この世に存在しないのか?


この現実をいつまでたっても受け入れられない自分。


この暗くて長い長いトンネルを抜けることは自分が死ぬまでないんだろうな。


寂しい。

寂しくてたまらないよ○○ちゃん。

本当に早く迎えにきてよ。

待ってるから・・・本当だよ。