ある日突然、自死遺族になって。

2016年10月に息子を自死で亡くしました。過労自死でした。

久しぶりの戸籍謄本

手続きで必要なことがあり、久しぶりに亡くなった息子の除籍の記載がある戸籍謄本を取ってきた。


けど、息子の名前の横に書かれている「死亡」の文字と亡くなった場所・日付・時刻が目に入った途端に、涙のスイッチが入ってしまった。


なんとか帰宅するまでは、我慢したが、家に着いた途端に号泣、久しぶりに大泣きしてしまった。全然進歩してないな・・


しかも目の前にあった、まだ一歳の時の、本当に可愛らしい写真。


わずか30年後に、こんな残酷な未来が可愛らしい息子に訪れるなんて、いったい誰が想像しただろう?


何にも悪いこともせずに、真面目に一生懸命に生きてきた優しい息子なのに。


天罰が当たるなら、私に当ててほしかった。

つくづく、そう思う。