ある日突然、自死遺族になって。

2016年10月に息子を自死で亡くしました。過労自死でした。

毎日の確認

毎日、息子の遺影と話しかけながら、お線香をあげながら、にらめっこ。


長いときは、何時間でも向かい合っていられる。


これは、もう愛する息子がこの世にいなくなったことを自分に認識させる作業のようなもの。


正直まだまだ辛い。できるだけ「なんで?」「どうして?」と、自分に問い返さないことにしている。

 

息子の肉体が、もうこの世に存在しないことを自分に言い聞かせるしかないから。


でも、決して前向きになったからではない。


まだ、心の三分の一くらいは、息子の死を受け入れられない、何の進歩もしていない、

まだまだ悲しんでる自分がいる。


本当に辛い、悲しい、寂しい・・・


ダメだね?やっぱり「なんで?」「どうして?」って、言っちゃうな‼ (^_^;)


また、明日も「○ちゃん」のいない、虚しい1日をどうやって過ごせばいいのやら?


「○ちゃん、本当に会いたい・・」