ある日突然、自死遺族になって。

2016年10月に息子を自死で亡くしました。過労自死でした。

ただ会いたい・・・

毎朝、目が覚めるといちばんに思うこと。


また今日も息子のいなくなってしまった、この世で一日生きていかなければならない。


そのことを自分に言い聞かせながら、一日を始める。 辛い。本当に辛い。

この辛さは、どこまで生きれば終わってくれるのだろう?


そもそも大学から就職と、十数年離れて暮らしていたので、同じ家に息子がいないことには、そのこと自体に寂しさは特にない。


でも、大好きで存在してくれるだけで、私の癒しだった息子が、もうこの世のどこにもいないという現実が私を打ちのめす。


早く息子のところに逝きたい・・・


すると友人に言われた。


死んだからって、息子さんと同じところに行って、会えるわけじゃないよ・・・


そんなことは、わかってる・・・と、言ってやりたかった。


ただ、ちゃんとお別れもできず、ひとりで寂しい最期を迎えさせてしまった息子が不憫でたまらない。


ただ、会いたいの・・・


ただ、話がしたいの・・・


ただ、笑顔が見たいの・・・


ただ、抱き締めたいの・・・


とにかく、ずっと一緒にいたいの・・・



たった、それだけなのに。