ある日突然、自死遺族になって。

2016年10月に息子を自死で亡くしました。

大好きな○ちゃんへ・・・

○ちゃんが亡くなってから
もうすぐ、1年と5ヶ月経ってしまう。



でも、悲しみは変わらない。



確かに、号泣することは
少なくなってきた。



自分が薄情な母親のようで
後ろめたく、自分を責めてしまう・・・



○ちゃん!!
なんで、黙ったまま
お母さんに何も話してくれないで
ひとりで逝ってしまったの?




お母さん、このままじゃ
一生立ち直れないし、



もう、この世に
○ちゃんが居なくなったことを
容け入れられないまま
一生探し続けてしまう気がするよ。





会社での悩みは
お母さんには解決できないけど、


無意識に自ら死を選ぶほど
辛かったんだよね?




お母さんなら、上司に
そんな酷い叱責をされたら、


きっと捨て台詞を吐いて
書類を叩きつけて即退社!


2度と会社には行かなかったと思う。
(ちょっと大人げないけど。)


でも、これが自分の命を守る方法。



○ちゃんは、真面目で優しくて
責任感が人一倍強いから
逆に、それが仇になってしまったね。



小さな会社でも、お給料が安くても
それより大切なのは人間関係が
うまくいく職場・・・


お母さん、いつも言ってたよね?







「兄ちゃんが、パニック障害で
働けなくなって、家に居るから
お母さんが相当それで苦労している。


まさか、自分まで鬱になったかも?
なんて、お母さんに言える訳がない。」と


話していたことを
○ちゃんが亡くなったあと
お参りに来てくれた
大学院のときからの先輩に聞いたよ。



○ちゃんのは、鬱って言っても
行ってた会社が全ての原因だから、



辞めて、しばらく実家で
のんびり休養してれば、すぐに元に
戻れるレベルだったと思ってる。


今さら言っても、後の祭りだけど・・・





そのことは、お母さんが言わなくても
兄ちゃんがいちばん分かってるよ。



自分なんかが、いなければ
○ちゃんは、お母さんに早く相談して


死ななくて済んだのに・・・って。



ダメな自分のほうが、○ちゃんの代わりに
死ねばよかったのに、
なんで、俺が生き残ってるんだろう。って
いつも自分を責めてるみたい。



それも、見てて可哀想だと思う。



きっと死ぬまで、その思いを
抱えたまま、生きていかなければならない
兄ちゃんも不憫でたまらない。



○ちゃんは、子供のころから
全く手のかからない子で


しかも優しくて、本当に可愛いくて
たまらない、お母さんの宝物だった。




まだまだ、○ちゃんが亡くなったこと、
悲しくて、寂しくて
信じられないけど・・・




兄ちゃんのこともあるから、
もう少し、こちらの世界で
行けるところまで、頑張ってみます。



いつになるか、わからないけど
それまで、そちらで待っててください。



本当に会いたいな・・・




○ちゃんへ


          お母さんより