ある日突然、自死遺族になって。

2016年10月に息子を自死で亡くしました。

「過労死110番」30周年

ニュース等で

ご存じの方もいると思いますが、



13日に「過労死110番」30周年の

記念シンボジウムが開催されて



私も利用者のひとりで

みなさんにお世話になっているし

案内をいただいたので

参加してきました。



品川のプリンスホテルでの開催でしたが、

いつもながらに



私のような田舎者には

東京は本当に疲れるだけの場所です。




以前なら、東京行きは

息子の顔が見れる楽しみがありましたが



今回も本当にトンボ返りでした。



用の済んだ東京には

できるだけ長居をしたくないので

思い付く限りの最短コースで。



参加者のほとんどが

過労死弁護団の弁護士さんか



過労死を考える遺族の会の方々。



私みたいな、まだ労災申請の

結果も出ていない新参者はいなくて

ちょっと浮いている感じがする。



あとは家族会でも、

解決・・・というか、

一応、決着のついた方たちばかり。



正直言って、なんだか羨ましいし、

楽しそうで、眩しくみえる。



でも、解決するまでに

10年以上闘ってきた方ばかりだ。



今は、皆さん元気そうに見えるけど



胸には、私と同じ悲しみを抱えている。

息子のところに逝くことだけが

楽しみだと

今でも毎日、考えているそうだ。




でも、自分たちと

同じような悲しみを背負う人が

ひとりでも少なくなるようにと



今でも、真剣に

過労死防止運動に係わって

日々、飛び回って活動を続けている。

本当にスゴいバイタリティーだと思う。




それに比べて自分はどうだろう?




労災の決定がいつになるのかも

わからない・・・と、言うだけで

最近は、気分が落ちぎみだな。



気分を上げていかなきゃ・・・と、

考えながら、もう溜め息ついてます。




もうちょっとだ!頑張れ自分 !!