ある日突然、自死遺族になって。

2016年10月に息子を自死で亡くしました。過労自死でした。

知人の訃報

昨夜、同じ家族会の方が、亡くなったと連絡があった。


数年前にシステムエンジニアだった次女さんを31歳で過労死で亡くして、裁判には勝っていちおう切りはついていたけど、大学教授をされていて退官して、享年75歳だと聞いていた。



いつも物静かな佇まいで、穏やかな笑顔を絶やさない心優しい知的な紳士だった。



昨年末まで、地元で活動されていたが、体調を崩されて、ひとり暮らしは心配だからと、東京にいる娘さんのところに身を寄せられて、時々メールやLINEでやり取りしていたので、まさか急に亡くなるなんて・・・




あまりのショックに涙が、しばらく止まらなかった。




娘さんを亡くされたときは、まだ九州には過労死の家族会さえなく、労災を引き受けてくれる弁護士さんも九州には、ほとんどいなかったらしい。




娘さんを亡くして半年は、奥様ともども、あまりのショックに、どうやって生きてきたのかさえ記憶にないんですよ。と、おっしゃっていた。




最初は奥様がメインで労災の活動をしていたが、九州にないので、大阪の家族会に所属して頑張っていられたらしい。



結局、労災は認定され、裁判にも勝ち、会社と和解したそうだ。



でも、会社は最後まで謝罪は拒否したらしく、ご両親にすれば、とても満足のいく内容ではなかったらしいが、このままでは決着がつかないからと、和解に応じたそうだ。




でも、会社が謝罪しなかったことで「私は永久に、あの会社を許しません!」と、言われたとき、いつもにこやかな笑顔のお父様が、とても厳しい表情を浮かべたのが、心にのこっています。




それから、家族会を立ち上げることになったそうですが、当時は当県では、たった1

家族だけだったので、大阪で一緒に行動していた、お隣の県と 2県合同でようやく家族会発足までこぎつけました。




けれど発足する2か月前になって、奥様が急逝されてしまいました。



亡くなる直前に、これからの家族会をご主人に託して永眠されたそうです。




そのことを受けて、ご主人が活躍されるようになった矢先に、奥様の後を追われるように急に亡くなるなんて、本当にショックが大きいです。




お隣の県の家族会の方たちは頑張って活動されていますが、メンバーはなかなか増えません。



当県では、私がやっとの二人目で、労災申請する人は氷山の一角と言われることを、本当に実感させられます。



でも、愛する奥さまと娘さんのところに

行かれて一緒に、心安らかに過ごされることを願ってやみません。




本当にお疲れさまでした。



長々と読んでいただき、

ありがとうごさまいました。